お金

女に金を使ったり見栄をはってもモテない。お金の正しい使い方

2016/08/05

clock-77497_640
よく「イケメンと金持ちは女にモテる」と言われますね。

しかし、これは嘘です。

イケメンはたしかにモテますが、金持ちは「金」がモテているだけで「金持ち本人」がモテるわけではありません。

収入や資産がなくなれば当然捨てられるでしょうし、仮にカネ目当ての美人と結婚しても、隠れて浮気をされるだけかもしれません。

お金でモテることはできない

ルックスと金とモテについてはイケメンの値段という面白い調査記事があります。

この記事の調査によれば、

  1. 年収が100万円のフリーターイケメンに勝つにはどれくらいハゲブサイクの僕らは稼げばよいのか。
  2. もしハゲブサイクの僕らが1億円稼いだとして、イケメンが幾ら稼いだら追いつかれてしまうのか。

という質問をしたところ、
1については1億以上という回答が一番多く、2については800万という回答が一番多かったとのことw

要するに、どれだけ稼いでも、イケメンが頑張って800万稼げばあっさり奪われるし、年収100万しかないイケメンに勝つのさえ1億もの収入が必要になるということです。

もちろん、この記事の前提は「ハゲ不細工の僕ら」なので、フツメンなら、もう少しマシな結果になるかもしれません。

しかし、いずれにしても、お金で女性を惹きつけるというのは、非常にハードルが高いということがわかります。

これは個人的経験でも何となくわかります。僕は最近、医者や弁護士の男と一緒に合コンに行く機会が結構あるのですが、僕より収入が多い彼らがモテるかというと必ずしもそうじゃないんですよね。

医者や弁護士相手でも、見た目やトークでこちらが勝っていると、女性もこちらに食いつくんです。それも簡単に。特に若い子ほどそうです。

だから、モテるためにお金を稼ごうとしたり、女性に貢ぐのは辞めましょう。

特に、モテようとして高級料理をおごったり、ブランド物をプレゼントすることは絶対に辞めましょう。こういったシーンは僕は愛を証明しようと思うにも失敗例として出てきますが、モテるためには、むしろ逆効果です。

自分に自信がないから、お金の力で埋め合わせしようとしていると思われて(実際そうなのですが)、女性から格下に見られるだけです。

モテるために、必要以上にブランド物を身にまとったり、高級車に乗ろうとしたり、良い家に住もうとしたり、ゴールドカード(orプラチナorブラック)を見せびらかすのも同じです。

じゃあ何にお金を使うのか

お金は自分のために使いましょう。

自分の生活を豊かにしてくれるもの、自分を磨いてくれるもの、お金を増やす可能性があるものに使うべきです。

職場やナンパのしやすい繁華街の近くに住むことで、自分の時間が増えます。

移動による疲れもなくなりますし、良いことづくめです。

高級マンションに住む必要はありませんが、立地にはこだわりましょう。

高級ブランドの服はいらないと言いましたが、全てユニクロや無印で揃えるのは中々難しいでしょう。

アローズなどで買ったり、ディーゼルやポール・スミスレベルのブランドでも、服はそこそこの値段がします。

また、服は消耗品です。長く着てくると傷んできますし、流行遅れにもなります。

自分が着る服はモテるための装備品です。ケチらず、投資しましょう。

服の選び方についてはこちらの記事も参考にしてください。

仕事道具・勉強の教材

モテる男の特徴として、女を最優先にしないというのがあります。

女が第一という男はダサいですしモテません。

社会人は仕事、学生は勉強が本分です。いっときの女遊びで仕事をおろそかにしていては人生負け組まっしぐらです。

ですから、自分の時間はまず、仕事や勉強に使いましょう。

そして、お金もです。サラリーマンだったら、最初は良い私服を買うよりもまず、自分に合った良いスーツやシャツ、靴、鞄です。

目指してる資格がある人は、その講座代金だったり教材の料金を払う必要があるでしょう。

仕事の本を読むのも大事です。後で述べるように私はガジェット類にお金を使うのは反対なのですが、キンドルなどの電子書籍リーダーは、良い投資先です。電子書籍は通常の書籍より値段が安く設定されていますから、今後ずっと安く本が読めることになりますし、場所もとりません。

こういったところにお金を出し惜しみしないようにしましょう。

いい仕事に就いているからといってモテるわけではないですが、自分の選んだ仕事で頑張っている人はカッコよく見えるものです。

頑張りましょう。

買わないもの

逆に、下記のようなものにはお金をかけすぎないようにしましょう。

こんなところにお金をかけてもモテません。個人的趣味である場合は、好きにすれば良いと思いますが、モテにはほとんど関係ないので、ばっさり切って、他のところにお金を使ったり、貯めておきましょう。

ステータスカード

僕も以前はお金やステータスを見せつければモテると誤解していた時期がありました。ゴールドカードを持ったこともあります。しかし、それでモテることはありませんでした。

モテるクレジットカードなどと検索すると、年会費が高いくせにポイントはたいしてつかないプラチナカードやブラックカードが紹介されています。しかし、カードの色でモテたら誰も苦労しません。

だいたい、女の子に会った瞬間とその後の会話で、勝負はだいたい決まっています。

カードを使うときっていうのは、出会って、食事して、その最後です。

それまでダメだったものが、カードを見せたことで女の子の気持ちが変わるなら逆に怖いです(笑)

クレジットカードなんて、自分のライフスタイルに合ったものや還元率の高いものを使った方がよっぽど良いですよ。

アクセサリー

ネックレスやブレスレット、ピアスは高校生までで卒業しましょう。

社会人になって着けても、ただの痛い人です。よほどイケメンであったり似合っていれば良いのかもしれませんが、一般人であれば、ほぼ必要なしです。

有料note、有料メルマガ

最近は、恋愛工学生の中でも有料noteが流行っているみたいですね。

物は試しで、いくつか買って読んでみましたが、残念ながら価格に見合ってると感じたものは1つもありませんでしたね。

正直、ブログで他の人が公開していたり、どこかで誰かが言っていたことの焼き直しが多いです。

ナンパ師のブログや書籍をいくつか読んだら、あとは自分の見た目やスキルアップのために使った方が有益です。

いい出会いがないかなあという方へ

いい出会いがないかなあという方へ

安全に可愛い子と出会いたい!イチャイチャしたい!

そういう方には570万人が利用した実績や値段の安さからペアーズ一択です。

今だけ、下記リンクから申し込むと最安でメッセージのやり取りが可能になります(女性は完全無料。男性も登録・閲覧は無料)

-お金